「時間が『無くて』成果がでない・・・!!!」

MiRISEコミュニティ講師の野口です(小声)
 
 
変態😎「いいえ、逆です。」
 
 
「え???」

変態😎「時間が『ある』から成果が上がらないんですよねぇ」
 

「どういうこと??」
 
そんな風に思う方は例えば、夏休みの宿題を思い出してください。
 
 
40日近くあった、夏休み宿題をする時間はいくらでもありますが、「あとでいいや〜」とかいって、遊びに行ったり、部屋の中で涼んでいたりしてあっという間時間が経過してしまい、、、
 
 
宿題。結局、終了間際に一気に終わるんですよね。笑
 
 
これは時間があるから作業が進まない。と言う典型ですよね。
 
 
 
人間は、「時間が限られている」と猛烈なパワーを発揮するんです。
 
 
 
また、とある会社では午後6時になると、社内の照明が消え終業時間となるというようなものあります。
 
 
コレは意図的にデッドラインを短くして作業効率を飛躍的に上げていると言えますね。
 
 
この世全員に与えられた平等な24時間。

それを、限られた時間で、どのような成果を出すかを意識することはビジネスパーソンとして、とても重要になってくることですね。
 
 

たしかに、時間をかければ成果が上がるというような一般的な通念からすれば、このような時間の捉え方は多少強引なように思えますが、
 
 
しかし、ココでこの社会で、
たった2/100の割合しか居ない年収1000万の成功者の方々のことを考えてみてください。
 
 
少数派という事もあって、
大概の成功者の方はやはり、普通のことはしていない(変態)と言う現実がありますから
こういった、思考の法則、時間の捉え方だけで
一般の人たちと大きな差がつくのだと納得できると思います。
 
 
自分の会ってきた高所得者達の方々がよく
「目標設定の際に目標は明確に!!期間を短くしろ!!」

と、口を酸っぱくして言っていることの裏付けとしてはこういった理由が存在するわけです。
 
 
初めてコレを知ったときは結構、衝撃的でしたね「何言ってんだ??」とかって
 
 
うわぁ、、、変態ばっかり。(笑)って
 
 
さて、変態😎になる準備はできましたか??

関連記事

  1. さて・・・今日は何の日??^^

  2. 【ネットビジネスとネットワークビジネスの違い】

  3. 令和で必須な〇〇

  4. ネット物販でゼロから稼ぐためのセミナー開催中

  5. はじめまして、代表の中平亮です。

  6. 【#失敗の先には○○があるから 】