コミュニケーションの重要性

MiRISEコミュニティ講師の大西です

6月18日に大阪北部で地震がありました。
私が地震にあった時間は会社に行く途中のポートライナーでした。
ポートライナーが動き出したとたんに揺れ怖かったのを覚えています。
しばらくポートライナーが止まっていたのでスマートフォンのニュースを見ると大阪北部の震源地は震度6の揺れだったそうです。

地震が起きて心配になったのは、家族や仲の良い人たちでした。

その人たちから連絡がきていたり、連絡をとると無事で自分も安心しました。

実際に大きな地震に遭遇すると、非常時の食料や水を用意する気持ちになりました。

それ以上に私が大切だと思ったのは、コミュニケーションでした。

私自身ケガなどなかったのですが「大丈夫?」などの言葉を貰うと嬉しく感じました。

心配の言葉や励ましの言葉には何も実態はないのですが、効力は凄くあると思います。

自分の大切な人にはコミュニケーションをとり、地震の時などに限らないかもしれませんが何かあった時には言葉を貰ったり発せれる良い関係を続けていきたいと思いました。

関連記事

  1. MiRISEは日々進化しています

  2. 91a1bf0b

    【大変な時だからこそわかった物販の安定感】

  3. 妄想を認め、脱出せよ! その2

  4. 「習慣化について」

  5. british-4912211_1280

    【65%】

  6. つねに、あともう少しだけ頑張ろう。