思い込みを変えればできることが変わる

mirise講師の大西です

何ができて何ができないかなんてのは人それぞれ。誰だって生まれた環境や状況は違うし、遺伝子レベルで持って生まれた才能だって違うもの。
皆が同じことができるわけじゃない。何かができるから偉くて、何ができないから偉くないなんてことはありませんよ。だって皆違うんだから。

だから人がどう思うかなんて関係ない。他人がどう思おうが、人にはそれぞれ事情がある。できることもあればできないこともある。それについて、他人がどう感じるかどう思うかなんて、気にするだけ無駄なこと。

とはいえ、ホントにそれができるかどうか、実現可能かどうかは、ほとんどの場合それ決めてるのは自分自身。生い立ちだの才能だのも要素としてはゼロじゃない。でも結局のところ、できるできないは自分自身の心が決めてるもんですよ。

冷静に考え、客観的に測定可能な物理的事実として、絶対できないと決まっていることなら、そりゃしょうがない。でも実際にはそうじゃない場合がほとんどでしょしょ。自分自身の思い込みや先入観で、大した根拠もなく、無理だと決めつけているだけだったりするもんでしょう。

だって、理屈に関係なく、ホントのホントに、それやらなければ命に関わる、やらなければ困り果てることならば、何とかしようとするじゃないですか。そして実際に何とかなってしまうものですよ。

要するに、あれやこれやの事情があったとしても、多くの場合、ホントはそれ実現可能なことなんです。どうとでもできるんです。単なるあなた自身の固定観念や先入観はもちろんのこと、その場そのときの空気感で、大した根拠もなく、無理だとかできないと決めつけているだけのことなんです。

もちろん、その場そのときその状況に応じて、無理せずジッとしていたほうがいいこともある。周囲の空気を読んで、できることでもあえてやらないほうがいい場合もありますよ。

でもね。それ繰り返していたところで、心が満たされるかどうくらいは考えてみたらどうですすか。やれると思うことでも、自分を抑えて何もしないでいることが、自分にとって価値ある未来のためだったらそれもいいんです。

思っているほど、自分を抑えることに意味がない。そう思うならそんなこと気にせずに、やりたいことをやればいい。状況や環境なんてのは、実のところ自分の心が作った幻影にしかすぎないもんです。だったら状況や環境なんか気にせず、やりたいこと、やれることをやればいいじゃないですか。

どんな結果であれ、最終的な責任は自分にしかない。あなたの人生はあなたが思い描いたとおりになる。

あれこれしがらみだと思っていること、自分にとってマイナスだと思うこと。そんなもんは単なる思い込み。単なるメンタルブロック。それ気にすることないですよ。単なる思い込みなら捨ててしまったところで影響なんかありませんわ。

関連記事

  1. 朝何をするかとても重要。

  2. 失敗しても全然OK!

  3. 【変化に対して Part1】

  4. 中平式 運気がよくなる簡単な方法☆

  5. 人の成長に関する、そんなお話です。

  6. MiRISE講師陣

    ミライズコミュニティでチャレンジをする。